シャチハタについて

シャチハタは朱肉をつけなくても押せる印鑑です

印鑑にも様々なタイプのものがありますが、一般的には朱肉を使い押すこととなっています。
朱肉を使わなくても押せる印鑑といえば、シャチハタがあげられます。
これはもともと製造会社の名前ですが、他の会社の製造のものでも同じような知タイプの印鑑はシャチハタと呼ばれることが多くなっています。
こちらは印鑑本体にインクが入っていますので、わざわざ朱肉を用意する必要はなく、必要なときにすぐに捺印することができます。
文字はゴムに彫られており、インクが少しずつにじみ出るようになっています。
インクはなくなっても交換することができますが、ゴムは劣化しやすいということもあり長期間の利用には向いているものではありません。
そして、同じものが多く出回っているということもあり、実印のような重要な印鑑としては利用することができません。
その用途は限られていますが、認印としては使いやすく、荷物を受け取りするときなどにはとても便利なものとなっています。

sabu用置換

sabu用置換
Copyright© シャチハタ All Rights Reserved.